CLA製品のお手入れについて

絵になるレーシングギアはCLA(シーエルエー)

cla-logo.png

レーシング用品・レーシングスーツ・グローブ・ブーツ(シューズ)・アンダーウェア・グッズ類

株式会社レアーズ CLA部門
〒158-0097東京都世田谷区用賀2-26-4
TEL:03-5716-3503 FAX:03-5716-3504

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

CLA製品のお手入れについて

お手入れは下記のガイダンスに従い適切に行ってください。

レーシングスーツのお手入れ

ご家庭の洗濯機で洗濯いただけます。

スーツを裏返しにし、衿やベルト部のベルクロで生地を痛めないようオス-メスを合わせてください。
スーツを裏返しのままたたんで、市販の洗濯ネットに入れてください。

40度程度の温水または水で、洗濯してください。水量が多い程生地が傷みにくくなります。
 ○ 市販洗剤(家庭用)
 ○ 市販柔軟剤剤(家庭用)
 × 塩素系漂白剤
 × ドライクリーニング
 × 乾燥機
 
洗濯が終わりましたら裏返したままハンガーにつるして乾燥させてください。乾燥機は不可
(日光にあたる場所には干さないでください)
(マーキングは熱圧着をしている為、乾燥機を使うと剥がれる場合がございます。)
直射日光・蛍光灯(紫外線)が当たる場所での保管は避けてください。

<ドライクリーニングを不可とする理由>
FIA公認試験上 求められるドライクリーニング後の耐火試験にも合格しておりますが、 ドライクリーニングで使用される揮発性物質が耐火性能に影響する恐れがあり、 CLA製品ではドライクリーニングは不可とさせていただいております。

<サーキットでの乾燥について>
走行のインターバル時にハンガーにかけて干す場合、スーツを裏返しにし日陰に干してください。表地に日光を当てますと日焼け・退色いたします。ノーメックス生地は元々染色しづらい為、紫外線による退色がしやすい性質をもっています。着用時・保管時は極力日光や紫外線を当てないようにご注意ください。

アンダーウェア類のお手入れ

ご家庭の洗濯機で洗濯いただけます。

スーツを裏替えしにたたんみ洗濯ネット入れます。水量が多い程生地が傷みにくくなります。

40度程度の温水または水で、洗濯してください。
 ○ 市販洗剤(家庭用)
 ○ 市販柔軟剤剤(家庭用)
 × 塩素系漂白剤
 × ドライクリーニング
 × 乾燥機

洗濯が終わりましたら風通しの良い日陰にハンガーにつるして乾燥させてください。
(乾燥機の使用や太陽や月の光にあたる屋外には干さないでください)
(マーキングは熱圧着をしている為、乾燥機を使うと剥がれや浮きが生ずる場合がございます。)
直射日光が当たる場所での保管は避けてください。

<ドライクリーニングを不可とする理由>
FIA公認試験上 求められるドライクリーニング後の耐火試験にも合格しておりますが、 ドライクリーニングで使用される揮発性物質が耐火性能に影響する恐れがあり、 CLA製品ではドライクリーニングは不可とさせていただいております。

レーシンググローブのお手入れ

皮革を一部に使用している製品のため、洗濯機やドライクリーニングはご利用出来ません。

汚れを落とすには実際に手にはめて家庭用石鹸(ハンドソープ)などで普通に手を洗うように40度前後の温水でもみ洗い、水気を手や布である程度取り除いてから(きつく絞らないでください)風通しの良い日陰で干します。急激な乾燥は皮革を痛める原因となりますのでご注意ください。

乾燥したら再び手にはめて、よく揉んだ上、市販の皮革専用クリームを塗りこんで、型くずれしないよう保管してください。

高温多湿の環境に放置するとカビや雑菌が発生する可能性が高くなりますので保管場所にもお気をつけください。使用後、ビニールケースに入れる場合は事前に乾燥させてからケースに保管してください。直射日光が当たる場所での保管は避けてください。

皮革専用クリームが直ぐお手に入らない場合は、人間用のものであればハンドクリームが代用できるでしょう。(比較的優しい成分なので問題ないと考えております)

※皮革の寿命が短くなる場合がございますので走行時にグローブを水などで湿らせないでください。グローブを湿らさないとステアリングが滑る現象が起きた場合はグローブの問題ではなく、ステアリング皮革の劣化・硬化が起因している場合が多いようです。

レーシングシューズ・ドライビングシューズのお手入れ

デリケートな天然皮革を一部に使用している製品のため、洗濯機やドライクリーニングはご利用出来ません。 水での丸洗いも、天然皮革の脂肪分が抜けて硬くなる等弊害がありますので、オススメ致しません。

汚れが付着した場合は一般スエード靴に使われるケア製品をお使いいただき、靴用ブラシで汚れを落としてください。

また、濡れた場合は布で叩くように水分を取って、日陰干ししてください。直射日光が当たる場所での保管は避けてください。